6月議会で一般質問させていただきます。

令和3年6月議会での一般質問の通告が今日の午後3時で締め切られ22人の議員が一般質問をさせていただきます。

6月の一般質問は、6月7日月曜日と6月10日木曜日2日間で行われ、7日が12名、10日が10名になりました。

私は、6月7日月曜日の10番目になります。午前9時30分開会で1人30分の枠で2人が一般質問をして休憩が10分程度入り次にとなりますので

お昼休憩で若干のズレ生じますが、15時から16時ぐらいに登場することになると思います。議会はコロナウィルス感染拡大防止の観点から傍聴を

積極的に行っていませんので、ICC(いちのみやケーブルテレビ)、インターネットでも中継されていますのでご覧いただけたらと思います。

私が質問するお題は「自転車の安全で適正な利用の促進について」であります。これは、愛知県において自転車に乗る際ヘルメットの着用、自転車損害賠償保険への加入が

令和3年10月1日から義務化されましたので、我が一宮市の取り組みについて質問させていただきます。

「義務化」と言っても「努力義務」と簡単に片付ける方がありますが、そこに大きな問題があります。

今、自転車と自動車と接触事故を起こした場合、今までだと「弱者救済」の観点もあり自転車の運転者に過失、賠償を求めるケースはあまりありませんでしたが、

これからは、自転車も車両であり、保険も義務化になっているので、平気に過失割合に応じ、自動車の修理代金を請求されるようになってきます。

請求書が届いてから驚いても仕方ありません。しっかり備えていかなければなりません。また、その前に自転車の乗り方も問題があるのではないでしょうか

私自身もそうですが、自転車は歩行者?、車両?都合よく自分の解釈で時に歩行者、時に車両になっていませんか?

これが一番危険なことです。自転車は車両です。そう思って乗って下さい。人に打つかれば人身事故、車に打つかれば物損事故になります。バイクと一緒です。

バイクに乗る時、ヘルメットかぶらない方をどう思いますか?

こんな事を市民の皆様に知ってほしいと思います。そして一宮市の自転車の事故を1件でも減らしていければと思い質問させていただきます。

皆様の応援よろしくおねがいします。

一宮市100周年 未来を見据え 今 すべきこと たとえ小さな一歩でも 歩み続ける 井上文男はこれからも市民の皆様と共に 安全・安心な一宮を目指して チャレンジ GO