アルミ缶の持ち去り現場に遭遇

今日は一宮市萩原町では、不燃ごみ、アルミ缶、スチール缶の収集日で、以前から集積場所に出されたアルミ缶を持ち去る(軽トラックであったり、貨物バンで、自転車で持ち去る方は含めていません)があり一宮市環境部さんとも連携して見守りに努めてきましたが、たまたま自分自身の不燃ごみを出していたら遭遇しました。その後、こっそり追跡しましたら、集積場所を物色して助手席から降りてきて追跡されていることに気づき積み込みはせずに立ち去りました。その後も追跡をしていたら追越、信号無視をしていき見失いました。以前から一般質問もして取り組んでいる課題ではありますが、なかなか無くならない現実にストレスを感じています。一宮市では収集したアルミ缶、スチール缶は売却をしており、その財源が市民の皆様に還元されていく仕組みです。これを持ち去ることは許せれません。これからも持ち去りを無くすため取り組んでいきます。